Special Interview

ロンドンオリンピック出場を勝ち取った、元飛び込み日本代表中川真依がスランプを乗り越えられた秘密とは!?

小学校の時から始めた飛び込みで、インターハイ、国体を2連覇。
高校の先輩である山下美沙子選手と組んだシンクロ飛び込みでも世界大会9位、東アジア大会銅メダル、アジア大会銀メダルなど、輝かしい成績を収め続けてきた中川真依さん。
北京、ロンドンとオリンピックに2大会連続出場を果たしていますが、その裏ではひどいスランプと戦っていたそうです。
そこで、今回はどのようにスランプを乗り越えて、ロンドンオリンピック出場を果たしたのか、その秘密をインタビューで探ってみました。

ライター:安永

現在のお仕事などについて簡単に教えてください。

2016年9月に引退をしたばかりなのでまだ大きな動きはありませんが、最近は地元である石川県のテレビ局で番組に出演させてもらったり、講演活動などをしています。
テレビ出演がある日には、午前中に準備をしてお昼くらいにはスタジオに入ってリハーサルをします。
その後、本番を撮影したら終了です。
飛び込みのジュニアチームの指導をする事もあって、そんな時にはだいたい午前中に家を出て夜に帰宅するような感じです。

現役を引退したばかりという事ですが、引退を決意した理由は?

2012年のロンドンオリンピックが終わったら引退しようと考えていたのですが、オリンピック本番では思ったような結果が出せず、悔しい思いをしたまま引退するのは嫌だったので、競技を続けました。
最後は勝って終わりたかったのと、育ててくれた地元石川の代表として国体に出場したいと考えていたので、2016年の岩手国体後に引退を決意しました。
その時には優勝することが出来たので、本当に嬉しかったです。

ロンドンオリンピックでは思うような結果を出せなかったということですが、
以前からそのような事があったのですか?

実は、ロンドンオリンピックの前にひどいスランプに陥ってしまい、すごくネガティブな状態になっていたんです。
気持ちが落ち込んでいるとモチベーションも下がりますし、練習に集中する事が出来ないので、競技にも影響が出てしまいました。

その時期にはとにかく眠れなくて、眠れても怖い夢を見る事が多く、夜中に目が覚めてしまったり朝スッキリと起きられなかったりして、疲れが取れない事が多かったです。
疲れが取れないので次の日の練習にも影響が出てしまいました。

そんな状態が続いて、しばらくは家から出られないくらい自分を追い込んでしまっていたんです。
このネガティブな状態を抜け出すために、2人のメンタルトレーナーに指導を受けました。

メンタルトレーナーが教えてくれた「心を整える方法」とは

メンタルトレーナーの1人にはとにかく話を聞いてもらって、自分の気持を整理していました。
最初は会っても泣く事しか出来なかったのですが、それでも何度か通っている内に少しずつ話をする事が出来るようになって、最終的には思いっきり自分の気持ちを出せるようになりました。

もう1人の方には、リラックスして心を落ち着ける事で競技に集中できる方法を教わりました。
その方法は大きく分けると2つあって、1つは「呼吸法」、もう1つは「視野を広げる」という事でした。

呼吸法と視野を広げる方法について詳しく教えてください。

息を吸う時には周りにある良いものをたくさん吸い込んで、反対に吐く時には自分の中にある悪いものを全部出してしまうイメージをしながら深い腹式呼吸をします。
そうすることで、だんだんと気持ちが落ち着いていきます。

視野を広げる方法は、まず一点を集中して見つめて呼吸を整えます。
そうする事で緊張して狭まっていた視野がスーッと広がっていって、周りが見えるようになってきます。

このメンタルトレーニングでスランプを抜け出せたんですね。

そうですね。
ずっとロンドンオリンピックの選考会に照準をあわせてトレーニングを行ってきたので、ロンドンオリンピックへの出場資格をもらえた時にはとても嬉しかったです。

呼吸法と視野を広げる方法を行うと、競技の時にも周りの状況をしっかりと見て全てを受け止められるようになったので、この方法は私にはすごく合っていたんだと思います。

アスリートには「睡眠」に悩まされている人も多い

スランプ時に眠れなかったそうですが、その他にも睡眠の悩みはありましたか?

現役時代には海外遠征も多かったのですが、私は飛行機の中であまり眠る事が出来ませんでした。
現地に着いてからは疲れているので眠れるのですが、帰国してからは時差ボケもあって余計に眠れない事が多かったですね。
帰国後は緊張感も切れているので無理に寝なくてもいいやと思ってそのまま起きている事も多く、そうなると昼間眠くなってしまって悪循環でした。

他の選手の中には眠れなくて睡眠薬を使用している人もいました。
私も一度試してみたのですが、朝スッキリと起きられなくていつまでも眠気が続いている感じでした。
身体も重たく感じて動きが悪くなったので、睡眠薬を使用していると競技にも影響があるのかもしれません。

「呼吸」の大切さを知る中川さんに試してもらった「睡眠」デバイス

「ツーブリーズ」は、呼吸を感知するウェアラブルセンサーとスマホアプリを使用したガジェットです。

センサーで感知したその人の呼吸リズムや深さによって、自動で作曲されたガイド音がアプリから流れます。

その音に合わせて呼吸をする事によって、徐々に呼吸を長く深く導き副交感神経優位の状態に移行させることで身体がリラックスした状態になり寝つきやすくしてくれます。

このツーブリーズの話を聞いて、初めて手にした時どう感じましたか?

こんなに簡単に呼吸のコントロールが出来るの!?って驚きました!
呼吸法は現役時代からやっていましたが、自分で意識して呼吸をコントロールしていても、途中で他の事を考えてしまったり、集中出来なかったりする事が多かったんです。
でも、この「ツーブリーズ」は音楽にあわせて呼吸をするので、音を聞くのに集中する事で他の事を考えてしまって呼吸をコントロール出来ないというような事が減りました。

アプリもすぐにインストールする事が出来ますし、難しい設定も必要がないので、すぐに使い始められて、簡単でいいと思います。

ツーブリーズを使ってみてどんな変化がありましたか?

使ってみて1週間ですが、スッキリ起きられる日が増えました
1日目は音楽を鳴らすボリュームの調整などがうまくできなくて、試しながらという感じだったので寝付きの変化はあまり感じられませんでした。

でも、2日目以降には呼吸に集中して眠れるようになりました。
私の場合には音を小さくして、耳に入るかどうかくらいの音量で流すのが良いみたいです。
寝付いてからも夢を見る事が減ったので、しっかりと深い眠りが出来ているのではないかと思います。

睡眠時以外でも、瞑想モードで日中も使っています。
瞑想モードで呼吸をしていると、全身に酸素が回っている感じがしてすごくリラックス出来ます。
でも、私はリラックスしすぎて眠くなってしまう事もあるので、その後に予定があってすぐに身体を動かさないといけないような時には使えないかもしれないですね(笑)
でも、瞑想の後には心が落ち着いた状態になるので、物事をしっかり考えられるようになりますし、作業にも集中出来ます。

ツーブリーズを他の人にもすすめたいですか?

先ほどもお話しましたが、アスリートには睡眠の悩みを抱えている人が多くいます。
呼吸で気持ちを落ち着かせると寝付きに良いというのはわかっていても、自分でやるのはなかなか大変なので、音で呼吸のリズムを誘導してくれるツーブリーズはオススメ出来ると思います。

競技前は瞑想モードだとリラックスしすぎてしまうかもしれませんが、予選の間が空いて時間があるときなどにはツーブリーズでリラックスして一度身体を休めてから、次に向けてまた徐々に上げていくというのは良いのではないでしょうか。

アスリート以外にも睡眠に悩んでいる人や、集中して仕事に取り組みたい人はツーブリーズを使うと、今以上のパフォーマンスを発揮出来るようになるのではないかと思います。

「ツーブリーズ」はこれからも使い続けたいです。

ツーブリーズを使用して、お悩みはどのくらい解消されましたか?

まだ使い始めたばかりですが、50%くらいは解消されたかな?とおもいます。
長いスパンで使い続けていく事でもっと睡眠の質を上げたり、心を整えたりする事が自然に出来るようになるのではないかと期待しています。

では、これからも「ツーブリーズ」を使い続けたいですか?

はい、使い続けたいです!
先ほども言いましたが、今まで寝付きが悪くて夢を見て目が覚めてしまう事があったのですが、ツーブリーズを使うと夢を見ずに朝までグッスリ出来る日が多いです。
一週間でこれだけ変化を感じられたので、これからも長く使い続けてどんな変化が出るのかを自分自身で感じられるのを楽しみにしています。

※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

この記事で紹介した「2breathe(ツーブリーズ)」 キャンペーン中

「ツーブリーズ」は音楽を聞いて呼吸するだけなので、健康への影響も心配せずに安心して続けられます。
1回購入してしまえばずっと使い続ける事が出来ますので通常価格20,000円(税別)でも1年間使えば1日あたり約55円なんです。

しかも、今なら期間限定で「CES2017 INNOVATION AWARD受賞記念キャンペーン」中なので、さらにお得な14,800円(税別)でツーブリーズを始められます。
数量限定のキャンペーンなので、なくなってしまう前に早めに申し込むのがオススメです!!

Profile - 中川 真依(なかがわ まい) -

元飛び込み日本代表選手。
小学校の時から始めた飛び込みで、インターハイ、国体を2連覇し、北京、ロンドンとオリンピックに2大会連続出場。
高校の先輩である山下美沙子選手と組んだシンクロ飛び込みでも世界大会9位、東アジア大会銅メダル、アジア大会銀メダルを受賞。

現在は、地元である石川県のテレビ局で番組に出演や、講演活動や飛び込みのジュニアチームの指導を行っている。